応援コメント
支援者や専門家のみなさまから、
お言葉をいただきました。

きのか蔵の意外な魅力や、
使い方が見つかるかもしれません。
野﨑 洋光

野﨑 洋光

南麻布「分とく山」総料理長

東京屈指の人気と知名度を誇る「分とく山」の総料理長。伝統的な和の文化を大切にしつつ、型にはまらない独創的な料理、真心こめたおもてなしに定評がある。

【COMMENT】
素材の酵素や栄養素を活かすことは重要です。そこで良いのが、もろみや麹などの発酵食品を使ったきのか蔵の調味料。日本の素晴らしい“発酵”や“醸造”が一般のご家庭に広まり、素材の食べ方を考えるきっかけになればうれしいです。

店舗公式Facebookへ ≫

濱崎 泰輔

濱崎 泰輔

神楽坂「タルタルギーナ」オーナーシェフ

南イタリアでの修行、銀座の繁盛店のチーフシェフを経て、「タルタルギーナ」をオープン。イタリア三ツ星シェフとの料理イベントを開催するなど、国内外で活躍。

【COMMENT】
「きのか蔵」の調味料は全体的に使いやすく、味は特上で間違いないですね!いろいろなバリエーションを取り入れて使ってみたいです。“素材を活かす”という素敵なコンセプトの商品が、多くのお客さまのお口に届くといいですね!

店舗公式サイトへ ≫
店舗公式Facebookへ ≫

黒須 浩之

黒須 浩之

「神楽坂くろす」店主

数々の割烹やホテルの要職を歴任し、「ひのきざか」和食統括料理長時代に3年連続ミシュランガイド東京で一つ星獲得。2012年「神楽坂くろす」を開店!

【COMMENT】
今までにありそうでない調味料だと感じたのと、自然の和風調味料が家庭で楽しめるようになるのは、和食文化や発酵食品文化にとって非常に良いことだと思います。素材を選ばずどんな料理やメニューにも合いそうです。他では買えないスペシャル感もとてもいいですね。

店舗公式サイトへ ≫
店舗公式Facebookへ ≫

田村 亮介

田村 亮介

「麻布長江 香福筵」オーナーシェフ

横浜中華街や台湾での修行を経て、名店「麻布長江」へ。日本の食材と、四川の伝統的調味料「酒醸(チューニャン)」を融合させた、化学調味料不使用の“口福”な中国料理を生み出す。

【COMMENT】
無添加、無化学調味料のコンセプトも非常によく、和食だけでなく中華にも使えると思います。たとえば醤油もろみなら、和風棒棒鶏や麻婆春雨などアレンジ中華も簡単。さまざまなレシピに挑戦してみてください。ご家庭でも本格的なお店の味が楽しめますよ。

店舗公式サイトへ ≫
店舗公式Facebookへ ≫

水上 行宣

水上 行宣

半蔵門「鮨 みずかみ」店主

ミシュランガイド三ツ星店「すきやばし次郎」で20年近く修業を積んだのち、2018年に独立。端整かつ凛とした白木の空間で、名店仕込みの江戸前寿司を握る。

【COMMENT】
自然の甘みと旨味があって、ちょっとした先付や簡単レシピにも良さそうですね。プロの料理人でも使えますが、どこか家庭的な味がするきのか蔵の調味料を、ぜひご家庭で試してほしいです。なるべくシンプルに食べてみてください。

名越 涼

名越 涼

フリーアナウンサー/農業アンカー

地方局のアナウンサーを経て独立。全国各地の畑を取材し食の大切さを農業の現場から発信。その活動が評価され農林水産省の働き方改革検討会の有識者に抜擢される。メディア出演のほか、講師業、地方活性化イベントの企画まで、活動は多岐に渡る。

【COMMENT】
調味料は日常的に使うものだからこそ、ちゃんとこだわりたい。ほんの少しで料理の表情がガラッと変わる魔法のひとさじ。身体に優しくて深い味わいはこころも満たされる豊かなひとときをくれます。次世代に伝えたい日本の味です。

名越 涼 公式サイトへ ≫

中山 秀明

中山 秀明

フードアナリスト

内食・外食のトレンドに精通した、複数の媒体の執筆を手がけるフードアナリスト。TVや大手企業サイトのコメンテーターなど、幅広く活動中。

【COMMENT】
伝統工芸や、クラフトマンシップが注目される昨今。フード業界では日本酒やビールをはじめ、発酵技術を駆使したプロダクトがリードしていると感じていますが、醤油も非常に面白いと思います!古きを重んじ、現代的な手法で伝えようとする若手のモノづくりに、僕も触発されています。

沼津 りえ

沼津 りえ

料理家・管理栄養士・調理師・料理教室「COOK会」主宰

料理教室の開催やメディア活動を行うかたわら、美容・健康を意識したメニュー、おしゃれなシンプルレシピを提案。

【COMMENT】
ワンランク上の上品な味わいだからこそ、1本で味が決まる。調味料として和洋中どんな料理にも幅広く活用できますね。また、発酵食効果でお肉を柔らかくし、魚は臭みを取り、野菜は甘味を引き出してくれます。おもてなしにも普段ごはんにも、どんなシーンでも手軽に使えるのがうれしいですね。

「COOK会」公式サイトへ ≫

丸中 尚

丸中 尚

フードスタイリスト

料理の世界観をデザインし、ブランディングするフードスタイリスト。広告、TV、ラジオ、WEB、書籍、雑誌の料理スタイリングを中心に活動中。

【COMMENT】
我が家の味の決め手になる醤油は、なくてはならない調味料。毎日使うものだから私は化学調味料・保存料・着色料無添加に大賛成です。大きすぎないサイズも使いやすさの決め手です。いつも同じ味、でもたまに違う味と幅広く使えるのが良いところですね。

岡本 明子

岡本 明子

株式会社Spoon Press 営業企画部 マネージャー

「女性のための、楽しい、美味しい、美しいをプロデュース」がテーマのSpoon Press。きのか蔵のオリジナルレシピBookのトータルコーディネートなどを担当。

【COMMENT】
発酵食品としての奥深い味わいに、選び抜かれたおだしとの調和。確かな伝統と18代目の冒険心の融合を感じます。きのか蔵で味付けするだけで、いつもの食材たちが、ぐっと美味しく感じられるはず。料理が苦手な方でも、おいしいごはんと笑顔の食卓が待ってますよ。

Spoon Press公式サイトへ ≫