「き」の香りがるすから、きのか。
日本が世界に誇る発酵食品“醤油”。
その可能性に着目した「きのか蔵」。

茨城県にある柴沼醤油という、
創業300年以上の醤油蔵元の
18代目がプロデュースしました。
きのか=木の香

きのか = 木の香

調味料のベースになる生醤油は、
100年以上も使い続けている木桶で
熟成、発酵させています。

自然のちからを借りる伝統製法によって、
ふくよかな香り、まろやかな甘みが生まれます。

きのか=生の香

きのか = 生の香

原料となる素材の
生(き)の味や香りを引き出すため、
化学調味料・保存料・着色料無添加(不使用)
にこだわります。

手間ひまをかけて
素材のもつ自然な風味を追求します。

きのか=季の香

きのか = 季の香

日本では古くから、
四季の味覚を大切にしてきました。

「きのか蔵」は食材の魅力を引き出し、
旬のおいしさを味わうことの
喜びをお届けします。